忍者ブログ
[14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]

DATE : 2018/07/18 (Wed)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



DATE : 2007/01/10 (Wed)

CHAGE and ASKA

9025faee.jpgCHAGE and ASKA

CHAGE and ASKA(チャゲ アンド アスカ)は、CHAGE(旧称: チャゲ、本名: 柴田秀之)とASKA(旧称: 飛鳥涼、本名: 宮?重明)の二人のシンガーソングライターによるJ-POPのユニット。但し、本人達はバンドであると主張している。旧称: チャゲ&飛鳥(1979年 - 1988年)、CHAGE&ASUKA(1989年 - 1990年)、CHAGE&ASKA(1990年 - 2000年)。通称: チャゲアス。

CHAGE and ASKAを検索!!

↓CHAGE and ASKAのPV動画はコチラ↓
36度線

SAY YES

http://tbrofca.blog42.fc2.com/tb.php/147-bf79a309
http://blog.seesaa.jp/tb/30989984
http://blog.seesaa.jp/tb/31149298
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/80a4be87a7da7e04370629805e5d6d2e/82
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13423565
http://blogs.yahoo.co.jp/ts_kiyoshi2000/trackback/1137990/42685597
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=98631b2ab5
http://haloscan.com/tb/tarotarostf2000/E1773140621
http://yoshizouattack.blog57.fc2.com/tb.php/254-8390d4b5
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/tak_s1980/tb/20070110/1168382967
http://kaorinsaorin.blog60.fc2.com/tb.php/193-c2668053
http://blog.toyomoto.net/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=70885
15988 chage aska
505 chage aska 歌詞
160 search chage aska
131 chage aska 画像
127 chage aska コンサート
124 流 恋情 歌 chage aska
123 chage&aska chage aska chage and aska chage aska
116 chage aska 試聴
98 chage aska 視聴
90 chage aska say yes
87 chage aska アルバム
83 chage aska love song
82 love song chage aska
69 chage aska double
64 chage aska midi
64 chage aska super best
64 chage aska ベスト
64 chage aska 男と女
63 chage aska lovesong
63 chage aska 壁紙
55 chage aska スーパー ベスト
54 chage and aska double
51 chage aska dvd
51 on your mark chage aska
50 chage aska 2ちゃんねる
50 chage aska yah yah yah
47 chage aska cd
46 chage aska 万里 河
45 chage aska pride
44 エピローグ chage aska
42 chage aska * live * best * 1995 - 1999
41 chage and aska リリース
40 chage aska love song 歌詞
38 chage aska youtube
38 chage aska エピローグ
37 chage aska best
36 chage aska yah
36 モーニング ムーン chage aska
35 chage aska 写真
31 chage aska ライブ
30 chage aska walk
28 chage aska net
27 chage aska ウィキペディア
26 chage aska 動画
26 say yes chage aska
25 aska chage
25 chage aska 25 th anniversary box 2
25 youtube chage aska
24 chage and aska concert tour 2004 two-five
24 chage aska say yes 歌詞
24 chage aska ジブリ
24 chage aska ファンレター 宛先
24 chage aska 歌詞 yah
24 歌詞 chage aska
23 chage amp aska
23 chage aska youtube 動画 まとめ
22 chage aska 名曲
22 chage aska 結婚 スピーチ
21 chage aska チケット
21 chage チャゲ aska 飛鳥
21 ラブ ソング chage aska
21 太陽 埃 中 chage aska
20 chage aska 楽譜
19 chage aska 位置
19 chage aska 新曲
19 chage aska 闘魂
19 dvd 音楽 chage aska
18 chage aska ツアー
18 chage aska ファンクラブ
18 chage aska 男と女 歌詞
17 chage and aska man and woman
17 chage and aska stardust revue
17 chage aska super best box
17 chage aska very best roll over 20 th
17 chage aska wiki
17 chage aska コンサート チケット
17 chage aska ヤーヤーヤー
17 chage aska 香港 台湾 北京
17 love song chage aska 歌詞
17 視聴 chage aska
16 chage $ aska
16 chage and aska 歌詞
16 chage aska 25 th anniversary box 2 買う
16 chage aska not at all
16 chage aska ダウンロード
16 chage aska メール 送信
16 chage aska 写真 集
16 ムーンライト ブルース chage aska
16 恋人 ワイン 色 chage aska
16 男と女 chage aska
15 chage and aska 25 th anniversary
15 chage and aska めぐり 逢い
15 chage aska lovesong 歌詞
15 chage aska man woman
15 chage aska sey yes
15 chage aska デビュー 曲
15 chage aska ラブ ソング
15 pride chage aska
14 chage aska guys
14 chage aska kicks
1978年 - 高校時代からの友人であった二人が第一経済大学在学中、それぞれ別のバンドとして出場していたヤマハ第16回ポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)の福岡大会から九州大会へ進む際に、ディレクターの誘いによりチャゲと飛鳥として結成。後にチャゲ&飛鳥に変更し、「流恋情歌」で入賞。
1979年8月25日 - ヤマハ第17回ポピュラーソングコンテスト入賞曲の「ひとり咲き」でワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)よりデビュー。このときのキャッチコピーは"九州から大型台風上陸!熱い喉が衝き叫ぶ!"であった。
1980年 - シングル「万里の河」が大ヒットする。学園祭コンサートも積極的に行う。
デビュー当初は「フォーク演歌」とも呼ばれるような作風であったが、徐々に鍵盤やコンピューターを使った音楽造りに変化していく。
1981年 - デビュー3年目にして、60公演にも及ぶ大規模なコンサートツアー「熱風」を敢行。周囲では誰もが「無謀だ」と思っていたが、各会場は超満員で大成功だった。
1983年 - 史上初めて国立代々木競技場第一体育館をコンサート会場として使用。また、この頃から英語表記のCHAGE&ASUKAを積極的に使用するようになる。
1985年 - レコード会社をキャニオンレコード(現ポニーキャニオン)に移籍。移籍後は、「モーニングムーン」「恋人はワイン色」などのヒット作をリリースし、初のベスト盤『Standing Ovation』を発表。また1984年には、CHAGEが石川優子とのデュエットで「ふたりの愛ランド」をリリースし、大ヒットする。1987年にはASKAがソロシングルを出すなど、ソロ活動も活発化させていく。
1986年 - クリスマス企画としてアナログ盤のみで『Snow Mail』を限定発売。ファンの間では今もなお幻のプレミアムアルバムである。
1987年 - ベストアルバム『SUPER BEST』リリース。3年間オリコンチャートにランクインするという脅威のロングセラー。12月には「世界紅白」に出場するため渡英。
1989年 - シングル「LOVE SONG」発売の際に正式表記を英語表記のCHAGE&ASUKAに変更。その後、デビュー10周年を以って半年間活動を休止。ASKAは渡英し、CHAGEはバンド"MULTI MAX"を結成。この時、解散をささやかれたが、彼等が大活躍するのはむしろこの後である。
1990年 - 初のロンドンレコーディングアルバム『SEE YA』を発表。その先行シングル「DO YA DO」発売の際、正式表記をCHAGE&ASKAに変更。これはASUKAだとイギリス人に「アスーカ」と呼ばれてしまったためである(全くの蛇足であるが、自動車いすゞ・アスカの英名も同じ理由でUを外している)。なお、その後数年間はしばしばCHAGE AND ASKAのロゴ表記を用いていた。
1991年 - 前年発表のアルバム『SEE YA』から「太陽と埃の中で」をシングルカットし、オリコン初登場3位の大ヒット。フジテレビ系ドラマ『101回目のプロポーズ』の主題歌となった「SAY YES」が約300万枚、オリコンチャート13週連続1位という空前の大ヒットを記録。当時の記録を次々と塗り替え新記録を樹立していった。そして10月にリリースされたアルバム『TREE』は発売2週目でミリオンセラー達成、当時史上最高のセールスを記録。「僕はこの瞳で嘘をつく」をシングルカットしオリコン初登場1位となる。ASKAはこの年ソロでも「はじまりはいつも雨」でミリオンセラーを達成している。この頃、ファンクラブ入会者が8万人を超え、お化けユニットといわれる。
1992年 - 前年から続くコンサートツアー「SAY YES」がチケット即日完売。多くのファンのチケットが入手できないという声にこたえコンサートツアー「BIG TREE」スタート。チケットはあっという間に完売し両ツアーで45万人総動員した。第6回日本ゴールドディスク大賞7部門中6部門独占受賞する。アルバム『SUPER BEST II』をリリースし日本国内だけでも300万枚を超える売り上げを記録。アジア諸国でもリリースされ大ヒットする。シングル「if」、アルバム『GUYS』を発表し、ともに好セールスを記録。年末にはコンサートムービー「GUYS」を上映し、コンサートムービーは当たらないという映画界の常識までも覆した音楽史に残る1年となった。
1993年 - フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』の主題歌「YAH YAH YAH」が社会現象となるほどの大ヒットを記録し、日本を代表する人気デュオとなる。第7回日本ゴールドディスク大賞受賞しモナコ音楽祭にアジア代表として出場する。マイケル・ジャクソンらと肩をならべモナコ王子をも踊らすパフォーマンスで「The World Music Awards '93」を受賞した。ただ、この年放送されたMJ -MUSIC JOURNAL-の検証コーナーで「チャゲアスは演歌だ」と断定され、激怒する。一時期フジテレビ側と険悪な関係に陥る。しかしこの件に関してASKAは後に他のテレビ番組で「演歌だと言われて怒ったという事になっているが、そうではない。それでは演歌を真剣にやってらっしゃる方に失礼だ。番組側と番組に関しての打ち合わせをした際、こちらが要求した事とは全く正反対の事をやられ、打ち合わせとは全く違う内容の番組をやられたため、これは明らかに悪意があると思い怒った。これをされたら誰だって怒る」といった内容の発言をした。
1994年 - デビュー15周年のこの年も前年までと同様に多くの功績を残す。第8回日本ゴールドディスク グランプリシングル賞など受賞し、モナコ音楽祭に3年連続となる招待を受け14カラット・ソウルとアカペラソングを披露、受賞も3年連続となった。初のアジアツアー「ASIAN TOUR 1994」を敢行し、日本のツアーの延長として今まで誰も果たせなかった大規模なステージセットでの公演となり香港・シンガポール・台湾で合計6万人を動員、現地の各種メディアにも大きく取り上げられた。ハリウッド映画『Street Fighter』のEDテーマ曲に全英語詞「Something There」が起用され話題となる。シングル『めぐり逢い』がヒット、ロングセラー。予約限定4枚組『SUPER BEST BOX』リリース、4枚目には「Snow Mail Special」と称した幻のアナログアルバムにボーナストラックを加えたスペシャル盤となった。
1995年 - 前年発表の「On Your Mark」のプロモーション・フィルムとして、アニメ『On Your Mark ジブリ実験劇場』(宮崎駿監督、スタジオジブリ製作)が製作され、コンサート会場および劇場で公開される(劇場公開は『耳をすませば』と同時上映)。ハリウッド映画『Judge Dredd』のED曲「TIME」をASKAが担当。二度目のアジアツアー「ASIAN TOUR II MISSION IMPOSSIBLE」を行い、前年よりも現地での知名度も上がり大歓声ののちに終演した。
1996年 - アジア出身者としては初めて『MTV UNPLUGGED LIVE』へ出演。その後、チャカ・カーン、リチャード・マークス、マイケル・ハッチェンスら海外の実力派シンガーによる英語カヴァーアルバム『ONE VOICE』リリース。本人らがヴォーカルをとった「river」「On Your Mark」の英語ヴァージョンも収録されており、欧米で好セールスを記録し欧米デビューを飾った。日本盤にはASKAとリサ・スタンスフィールドのデュエットによる書き下ろし楽曲など3曲がボーナストラックとして追加収録されている。
1998年 - CHAGEもMULTI MAXとは別にソロ活動を展開しはじめ、初のコンサートを上海体育館で行う。ASKAは台湾での「MTV Music Summit '98」に出演する。
1999年 - 東芝EMIに移籍。デビュー20周年のこの年、多くの「初」を経験する。両A面シングル『この愛のために/VISION』でCHAGE&ASKA始動。MTVアンプラグドの影響を受けた初の小空間でのアコースティックライブを行う。初のセルフプロデュースアルバム『NO DOUBT』はオリコン初登場1位。初のコンプリートベスト『VERY BEST ROLL OVER 20TH』リリース。そして初のDVD作品『LIVE BEST 1995-1999』も世紀末にリリースされ、初CHAGE監修洋楽コンピレーションアルバムの発売。さらには90年代の締めくくりとして故郷福岡の地で初のドーム公演にして初のカウントダウンライブ「千年夜一夜ライブ -福岡ドーム 僕らがホーム-」を行う。ファンとともにミレニアムイヤーを迎えた。また、このライブの模様はディレクTVを通じて全世界に衛星生中継された。
2000年 - ヤマハ・ミュージック・コミュニケーションズに移籍。日本語公演解禁に伴い大規模な韓国公演を敢行。
2001年 - ユニバーサルミュージックに移籍。2年ぶり活動再開シングル「ロケットの樹の下で」を皮切りに立て続けにシングル4枚、アルバム1枚を発表。また、この際に表記をCHAGE and ASKAに変更している。
近年は、お互いのソロ活動の比率が高まり、以前のように毎年オリジナルアルバムをリリースすることはなくなったが、2002年には初のセルフカヴァーアルバム『STAMP』リリース、2003年には富士急ハイランドで小田和正、財津和夫との夢のセッションライヴを敢行したり、2002年のイベントで突如披露されたSTARDUST REVUEとのコラボレーション楽曲『デェラ・シエラ・ム』をリリースしたり、ASKAの第二の故郷である北海道でのイベントに井上陽水らと参加し、札幌ドームで二度目のカウントダウンライブ「COUNTDOWN LIVE 03>>04 in SAPPORO DOME」を行うなど数々の実績・活動を残している。
2004年4月 - コンサートツアー「two-five」を敢行開始。デビュー25周年を迎えた8月、1995年にニュースステーションのOPテーマとして起用されていたがリリースされることのなかった幻の楽曲「36度線」をリリース。8月28日には1981年に行った初の全国ツアーを再現した「チャゲ&飛鳥 熱風コンサート」を東京・お台場野外特設会場にて敢行。12月にシングル「僕はMusic」をリリース。
2005年 - CHAGEは写真や映像の分野へ、ASKAはソロアルバム制作へとそれぞれ久々のソロ活動に入る。11月16日に「On Your Mark」のPVとライカリールを収録したDVD『ジブリがいっぱいspecial ショートショート』がスタジオジブリから発売された。

ディスコグラフィー

◆は海外盤。▼はアナログ盤。★はミリオンセラー。●はダブルミリオン。

シングル
ひとり咲き (1979年8月25日)▼ c/w「あとまわし」
流恋情歌 (1980年2月25日)▼ c/w「冬に置きざり」
万里の河 (1980年9月25日)▼ c/w「幻夜」
「夜のヒットスタジオ」に大胆な演出で出演したことでCHAGE and ASKAにとって初ヒット曲となった。累計売上は53.7万枚。
放浪人(TABIBITO) (1981年5月25日)▼ c/w「真夏の国境」
男と女 (1981年10月25日)▼ c/w「長い雨のあとに」
熱い想い (1982年4月25日)▼ c/w「恋はア・ヤ・フ・ヤ」
北風物語 (1982年10月25日)▼ c/w「MESSAGE」
マリオネット (1983年4月23日)▼ c/w「謎²遊戯」
華やかに傷ついて (1983年9月28日)▼ c/w「少年」
MOON LIGHT BLUES (1984年2月22日)▼ c/w「Darlin'」
初めてのピアノによる作曲。この曲から彼らの音楽はポップ色が強くなっていく。
標的(ターゲット) (1984年10月25日)▼ c/w「マリア(Back To The City)」
誘惑のベルが鳴る (1985年2月25日)▼ c/w「真夜中の二人」
オンリー・ロンリー (1985年2月25日)▼ c/w「SHAKIN' NIGHT」
モーニングムーン (1986年2月5日) c/w「Gently」
ポニーキャニオン移籍後の初作品。当時としては大胆なコンピュータによるアレンジと大々的なプロモーションが功を奏し、ヒット作となった。
黄昏を待たずに (1986年5月21日) c/w「DIAMOND SAND」
Count Down (1986年8月21日) c/w「恋人との別れ方(女の場合、男の場合)」
指環が泣いた (1986年11月21日) c/w「やさしさの向こう側」
SAILOR MAN (1987年4月21日) c/w「わき役でほほえんで」
JAL沖縄キャンペーンソング。
ロマンシングヤード (1987年10月5日) c/w「Mr. ASIA」
恋人はワイン色 (1988年2月5日) c/w「あきらめのBlue Day」
テレビ朝日系ドラマ『あぶない雑居カップル』主題歌。
ラプソディ (1988年5月21日) c/w「ripple ring」
テレビ朝日系『ワールドプロレス』主題歌。
Trip (1988年10月25日) c/w「ソプラノ」
WALK (1989年3月8日) c/w「抱いたメモリー -as time goes by-」
LOVE SONG (1989年6月21日) c/w「Break an egg」
DO YA DO (1990年6月27日) c/w「YELLOW MEN」
題名は「Do you do?」のスラングで「どうするの?」という意味。
太陽と埃の中で (1991年1月30日) c/w「男と女」(LIVE version)「SOME DAY」(LIVE version)
フジテレビ系『TIME3』エンディングテーマ曲。アルバム『SEE YA』よりシングルカット。63回チャートインするというロングセールスを記録。累計売上は50.3万枚。
SAY YES (1991年7月24日)● c/w「告白」
フジテレビ系ドラマ『101回目のプロポーズ』主題歌。1991年オリコン年間チャート2位を記録。CHAGE and ASKA最大のヒット曲。累計売上は282.2万枚で、歴代シングル売上チャート6位。
僕はこの瞳で嘘をつく (1991年11月21日) c/w「TREE Digest」
LOVE SONG (1992年3月25日) c/w「ロマンシングヤード」
89年発表の同曲の別ミックスであり、アルバム「スーパーベストII」と連動してのリリース。オリコンチャート1位獲得。尚、同日には「WALK」も再発売(こちらも別ミックス)されており、こちらはオリコン最高位3位となった。
if (1992年7月21日)★ c/w「CRIMSON」
Panasonic「ヘッドホンステレオSタイプ(シェルロック)」CMソング。1992年オリコン年間チャート8位を記録。累計売上は108.3万枚。
no no darlin' (1992年10月10日) c/w「今日は…こんなに元気です」
SUBARU キャンペーンソング。アルバム『GUYS』レコーディングの際、「GUYS」とどちらを先行シングルにするか迷った末に周りに推されシングルとなった曲。累計売上は67.5万枚。
YAH YAH YAH/夢の番人 (1993年3月3日)● c/w「君はなにも知らないまま」
YAH YAH YAH: フジテレビドラマ『振り返れば奴がいる』主題歌。夢の番人: 「LIVE UFO'93」テーマソング。君はなにも知らないまま: フジテレビドラマ『振り返れば奴がいる』挿入歌。1993年オリコン年間チャート1位を記録。累計売上は241.9万枚で、歴代シングル売上チャート11位。
Sons and Daughters〜それより僕が伝えたいのは (1993年8月20日) c/w「Mr.Jの悲劇は岩より重い」
SUBARU キャンペーンソング。「アカペラチックなものがやりたくなった」と作られた楽曲。モナコ音楽祭では14カラット・ソウルとアカペラで披露された。累計売上は79.9万枚。
You are free (1993年11月19日) c/w「星に願いを〜WHEN YOU WISH UPON A STAR〜」「世界にMerry X'mas」(orchestra version)
アサヒ飲料缶コーヒー「J.O.」CMソング。本人出演のCMが話題を呼び、同年のコンサートツアー「史上最大の作戦」オープニングムービーで関連のエピソードが明らかになっている。
なぜに君は帰らない (1993年11月19日) c/w「Knock」「WHITE CHRISTMAS」
フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』スペシャル特番主題歌。アルバム「Red hill」からのシングルカットであり、アルバムのライナーノーツでASKAは「『YAH YAH YAH』のアンサーソング」と位置付けている。当時珍しい12cmピクチャーレーベルシングル。
HEART/NATURAL/On Your Mark (1994年8月3日)★
HEART: 東宝映画『ヒーローインタビュー』主題歌。NATURAL: 東宝映画『ヒーローインタビュー』OPテーマ。On Your Mark: 「アメリカン・フェスティバル'94」テーマ曲。ジブリ実験劇場『On Your Mark』主題歌。累計売上は114.3万枚。
めぐり逢い (1994年11月16日)★ c/w「濡れた夢」
フジテレビ系ドラマ『妹よ』主題歌。累計売上は125.2万枚。
Something There (1995年5月10日) c/w「紫陽花と向日葵」
ハリウッド映画『Street Fighter』EDテーマ曲。当時異例な全編英詞の楽曲のシングルとしてのリリースだった。またPVはビデオ『On Your Mark ジブリ実験劇場』に収録されている。「MTV UNPLUGGED LIVE」ではアコースティックにアレンジされている。累計売上は56.9万枚。
river (1996年2月19日) c/w「NとLの野球帽」(エヌとエルのベースボールキャップ)
TBS系ドラマ『リスキーゲーム』主題歌。
この愛のために/VISION (1999年3月10日)
3年の間を経てリリースされたシングルだが、オリコン初登場3位を記録。
群れ (1999年6月9日) c/w「swear」
ロケットの樹の下で (2001年4月25日) c/w「ふたりなら」
パラシュートの部屋で (2001年8月8日) c/w「アジアンレストランにて」
フジテレビ系『金曜エンタテイメント』オープニングテーマ曲。当時、作詞活動に行き詰っていたポルノグラフィティの新藤晴一が「パラシュートの部屋で」を聴いて感動、奮起しシングル曲「ヴォイス」を書き上げたというエピソードがある。
C-46 (2001年9月19日) c/w「Born the trap」「C-46 remix」
日本テレビ系『スーパーテレビ情報最前線』エンディングテーマ曲。曲名の「C-46」とは46分カセットテープのこと。カップリングの「Born the trap」はアルバム未収録楽曲。また「C-46 remix」はピアノアレンジのインスト楽曲でNOT AT ALL名義の「From Silence」として映画「プラトニック・セックス」の挿入歌に使用されていて、こちらもアルバム未収録。
夢の飛礫 (2001年11月28日) c/w「HOTEL」(STAMP version)「砂時計のくびれた場所」(STAMP version)
テレビ東京系新春ワイド時代劇『壬生義士伝〜新撰組でいちばん強かった男』主題歌。「VISION」以来となるシングルCHAGE楽曲。
デェラ・シエラ・ム (2003年9月10日) (CHAGE and ASKA + Stardust Revue) c/w「スタジオノイズ〜レコーディング風景」
フジテレビ携帯サイトCMソング。2002年夏のイベントでの共演をきっかけとしたSTARDUST REVUEとのコラボレーション楽曲。本当はそのイベント限りでリリースの予定はなかったが発売を求める声に1年越しでこたえる形となった。初回盤にはPVとライヴ映像を収録したDVD付き。曲名は"I love you"的意味を持つ彼らの造語。カップリングにはレコーディングスタジオでの会話等が収録されている。
SEAMLESS SINGLES (2004年4月17日)
これまでに発売されたシングル曲「SAY YES」「めぐり逢い」「僕はこの瞳で嘘をつく」「YAH YAH YAH」をリマスター収録したミニシングルベスト盤。
36度線-1995夏- (2004年8月25日) c/w「光の羅針盤」(ひかりのコンパス)
テレビ朝日系『ニュースステーション』5代目テーマ曲(1996年10月 - 1998年3月)としてASKAが作曲した「36度線」のリメイク。当時、原曲はアルバム『CODE NAME.2 SISTER MOON』に収録される予定だったのだが、結局9年間発表されることなくデビュー25周年記念盤として装いを新たにサブタイトルをつけリリースされた。なおテーマ曲として起用されていた部分の名残はイントロに窺える。曲名の36度線というのは東京の緯度のことで、現代の流行を風刺している。
僕はMusic (2004年12月8日) c/w「crossroad〜いまを生きる僕を〜」「熱風」(new mix)
25周年記念コンサートツアー「two-five」中に発表された楽曲。「コンサート中に新曲を」と意図されて制作された楽曲。
Here & There (2007年1月10日) c/w「Man and Woman - orchestra ver.」
Man and Woman (2007年1月10日) c/w「Here & There - improvisation mix」

アルバム

オリジナルアルバム
風舞 (1980年4月25日)
デビューアルバム。
熱風 (1981年2月25日)
黄昏の騎士 (1982年2月14日)
熱い想い (1982年5月25日)
CHAGE&ASUKA IV-21世紀- (1983年6月29日)
INSIDE (1984年3月25日)
Z=One (1985年1月25日)
TURNING POINT (1986年4月21日)
MIX BLOOD (1986年9月21日)
Snow Mail (1986年12月5日)▼
Mr.ASIA (1987年5月21日)
RHAPSODY (1988年3月5日)
ENERGY (1988年11月21日)
PRIDE (1989年8月25日)
SEE YA (1990年8月29日)
TREE (1991年10月10日)●
「SAY YES」「僕はこの瞳で嘘をつく」など収録。1991年オリコン年間チャート2位を記録。累計売上は235.1万枚で歴代アルバム売上チャート48位。
GUYS (1992年11月7日)★
「if」「no no darlin'」など収録。累計売上は141.1万枚。
RED HILL (1993年10月10日)★
「YAH YAH YAH」「なぜに君は帰らない」など収録。1993年オリコン年間チャート8位を記録。累計売上は156.7万枚。
Code Name.1 Brother Sun (1995年6月28日)
CODE NAME.2 SISTER MOON (1996年4月22日)
NO DOUBT (1999年8月25日)
NOT AT ALL (2001年12月27日)
DOUBLE (2007年1月24日)

ベストアルバム
Standing Ovation (1985年12月5日)
当時ライブで演奏されていたASKA作詞の「ボヘミアン」(Standing Ovation バージョン)が唯一収録されている。
SUPER BEST (1987年3月5日)
「ひとり咲き」 - 「Count Down」までのシングル曲を収録。オリコンチャートには3年間もの間ランクイン。『SUPER BEST II』発売に伴い現在は製造休止中。
THE STORY of BALLAD (1990年2月7日)
『Z=One』 - 『PRIDE』までのアルバムから選曲されたバラードベストアルバム第一弾。収録されている「WALK」は当時のライブテイクに近い形でリミックスされている。地元福岡市の市制100周年メモリアルソング「心のボール」が新曲として収録されている。『THE STORY of BALLAD II』発売に伴いリマスタリングされて廉価盤が再販された。
SUPER BEST II (1992年3月25日)●
「モーニングムーン」 - 「僕はこの瞳で嘘をつく」までのシングル曲を収録。日本をはじめアジア各国で爆発的ヒットした。1992年オリコン年間チャート1位を記録。累計売上は269.7万枚で歴代アルバム売上チャート30位。
倆心知〜原創紀念歌集 (1993年5月17日)◆
Yin&Yang (1994年8月25日)
デビュー15周年記念盤として"陰"と"陽"に着目した企画盤。2枚組計32曲収録。DISC1には"陰"をイメージさせるバラードやローテンポな楽曲を、DISC2には"陽"をイメージさせるロックやアップテンポな楽曲を選曲してある。ライブヴァージョンやリアレンジ、インスト楽曲も収録されている貴重盤。現在は廃盤。
Singles -The European Collection (1994年8月xx日)◆
SUPER BEST BOX SINGLE HISTORY 1979-1994 AND Snow Mail (1994年12月16日)
完全予約限定4枚組ボックスで、DISC1に『SUPER BEST』を、DISC2に『SUPER BEST II』を、DISC3には「if」から「なぜに君は帰らない」までのシングル曲を、DISC4には『Snow Mail Special』と称したアナログ盤限定だった『Snow Mail』にボーナストラック3曲が追加収録された豪華盤。全42曲収録。
GREATEST HITS (1998年1月13日)◆
倆角形 Duet Angle 20th anniversary (1999年2月10日)◆
CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH (1999年12月16日)
自身初のコンプリートベストアルバム。デビュー20周年記念盤としてデビュー曲「ひとり咲き」から当時の最新アルバム『NO DOUBT』までの中から往年の大ヒット曲や隠れた名曲との誉れ高いアルバム曲など2枚組計29曲を収録。
THE BEST (2004年1月13日)◆
日本語CD解禁に伴って韓国でリリースされたベストアルバム。
THE STORY of BALLAD II (2004年11月3日)
『TREE』 - 『STAMP』までのアルバムから選曲されたバラードベストアルバム第二弾。「if」のシングルヴァージョンが収録されている唯一のアルバム(過去の限定盤除く)。また前作『THE STORY of BALLAD I』もリマスタリングされた再販盤が同時発売された。

ライブアルバム
LIVE IN 田園コロシアム The夏祭り'81 (1981年9月10日)▼
1983.9.30 CHAGE&ASUKA LIVE IN YOYOGI STADIUM (1983年11月16日)▼
コンサーツツアー『21世紀への招待 Part1』の国立代々木競技場第一体育館での公演の模様を収めたアルバム。この第一体育館はこのとき初めてコンサート会場として使用された。ラストに収録されている「声を聞かせて」はこのコンサートのために作られた未CD化の幻の楽曲。現在は廃盤で再販もCD化もされていない。
CHAGE&ASKA MTV UNPLUGGED LIVE (1996年10月7日)
アジア出身アーティストとして初めて『MTV UNPLUGGED LIVE』に招待されたときの模様を収めたアルバム。楽曲はアンプラグドアレンジされており、全編英詩楽曲「THE RIVER」「CASTLES IN THE AIR」、1曲目のスローバージョン「HANG UP THE PHONE II」も収録されている。曲間では彼らの英語MCも耳にすることができる。ライヴ映像は後にDVD化された。

その他の企画アルバム
CD BOX-5 (1988年6月21日)
『Z=One』から『Mr.ASIA』までを収めた5枚組。
CHAGE&ASKA THE LONGEST TOUR MEMORIAL (1993年12月17日)
シングル「モーニングムーン」から「YAH YAH YAH」までを収めた18枚組。
One・voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA BY VARIOUS ARTISTS (英国盤: 1996年7月8日、日本盤: 1996年7月31日)
海外アーティストが参加したトリビュートアルバム。CHAGE&ASKA自身も参加し、英詞でセルフカヴァーしている。日本盤にはボーナストラックを3曲収録。2000年に韓国公演を行う際に韓国でも発売された。
STAMP (2002年11月20日)
初のセルフカヴァーアルバム。原曲とは全く違った仕上がりを見せるリメイクから提供曲のセルフカヴァーや単なるヴォーカルチェンジまで様々な方法でカヴァーがされている。収録曲の一曲一曲にエピソードがあり(「SAY YES」「YAH YAH YAH」は収録する予定ではなかった事、「クルミを割れた日」は本当の意味で完成したこと、など)ある意味ベスト盤である。「太陽と埃の中で」はライヴ映像で構成されたPVがVHS&DVD『MUSIC ON FILMS』に収録されている。またアレンジが完成したのがアルバム完成後だったため収録されなかった幻の14曲目「僕はこの瞳で嘘をつく」が存在する(ライブで披露)。
CHAGE and ASKA 25th ANNIVERSARY BOX-1 (2004年6月23日)
『風舞』から『Z=One』までを収めた7枚組。
CHAGE and ASKA 25th ANNIVERSARY BOX-2 (2004年7月28日)
『TURNING POINT』から『SEE YA』までを収めた8枚組。
CHAGE and ASKA 25th ANNIVERSARY BOX-3 (2004年8月25日)
『TREE』から『NOT AT ALL』までを収めた7枚組。

VHS

一部はLDも販売された。
THE夏祭り'82 チャゲ&飛鳥 大阪城LIVE (1983年7月10日)
Good Times -1983.9.30 国立代々木競技場LIVE- (1984年4月1日)
ONE NIGHT MAGIC 〜君だけのチャゲ&飛鳥〜 (1986年1月2日)(※ファンクラブ限定)
ONESIDE GAME CHAGE&ASUKA IN YOKOHAMA STADIUM (1986年10月21日)
WE SHALL RETURN! 〜君だけのチャゲ&飛鳥 PART II〜 (1987年6月14日)(※ファンクラブ限定)
WALK (1989年3月21日)
CHAGE&ASUKA HISTORY I 〜10years after〜 (1989年9月6日)
CHAGE&ASUKA HISTORY II 〜PRIDE〜 (1990年3月7日)
SEE YA (1990年9月21日)
太陽と埃の中で I (1991年3月21日)
太陽と埃の中で II (1991年3月21日)
THE VIDEO of CHAGE&ASKA TUG of C&A Vol.1 (1991年10月10日)(※ファンクラブ限定)
TREE (1991年11月21日)
THE VIDEO of CHAGE&ASKA TUG of C&A Vol.2 (1991年11月21日)(※ファンクラブ限定)
Go to Eleven 〜GUYS〜 (1992年12月16日)
THE VIDEO of CHAGE&ASKA TUG of C&A Vol.3 (1992年12月20日)(※ファンクラブ限定)
CONCERT MOVIE GUYS (1993年3月24日)
THE VIDEO of CHAGE&ASKA TUG of C&A Vol.4 (1993年3月24日)(※ファンクラブ限定)
史上最大の作戦 (1993年10月10日)(ライブパンフレット+VHS)
RED HILL (1994年2月18日)
15th Anniversary On Your Mark (1994年9月21日)
CHAGE&ASKA ASIAN TOUR 1994 (1994年xx月xx日)◆
感謝 (1996年3月14日)(※ファンクラブ限定)
ASIAN TOUR IN TAIPEI (1996年3月21日)
CHAGE&ASKA MTV UNPLUGGED LIVE (1996年10月18日)
ジブリ実験劇場 On Your Mark (1997年7月25日)
ONE×ONE (1999年4月30日)(※ファンクラブ限定)
20th Anniversary Premium Live (1999年8月25日)(※ファンクラブ限定)
SPECIAL EVENT '93 GUYS〜夢の番人〜 (1999年12月20日)(※ファンクラブ限定)
史上最大の作戦 THE LONGEST TOUR 1993-1994 (1999年12月20日)(※ファンクラブ限定)
千年夜一夜ライブ -福岡ドーム 僕らがホーム- (2000年6月15日)(※ファンクラブ限定)
FROM HERE (2000年6月15日)(※ファンクラブ限定)
CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 01>>02 NOT AT ALL (2002年4月24日)
MUSIC ON FILMS (2003年3月12日)
CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 02-03 THE LIVE (2003年8月6日)
CHAGE and ASKA COUNTDOWN LIVE 03>>04 in SAPPORO DOME (2004年3月31日)

DVD
LIVE BEST 1995-1999 (1999年12月31日)
千年夜一夜ライブ -福岡ドーム 僕らがホーム- (2000年7月12日)
ASIAN TOUR IN TAIPEI (2001年1月1日)
CHAGE&ASKA MTV UNPLUGGED LIVE (2001年1月1日)
CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 01>>02 NOT AT ALL (2002年4月24日)
MUSIC ON FILMS (2003年3月12日)
CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 02-03 THE LIVE (2003年8月6日)
CHAGE and ASKA COUNTDOWN LIVE 03>>04 in SAPPORO DOME (2004年3月31日)
36度線-1995夏- (2004年9月22日)
CHAGE and ASKA 25th Anniversary Special チャゲ&飛鳥 熱風コンサート (2005年3月23日)
CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 2004 two-five (2005年8月25日)(※ファンクラブ限定)
CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 2004 two-five (2006年2月1日)(※一般発売)
DOUBLE DVD (2007年1月24日)
PR

忍者ブログ [PR]
カテゴリー
最新記事
プロフィール
HN:
jpop
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析
アクセス解析

千代田区 歯科
お茶の水 歯科
御茶ノ水 歯科
神保町  歯科
千代田区 歯医者
お茶の水 歯医者
御茶ノ水 歯医者
神保町  歯医者
八王子 歯科
八王子市 歯科
八王子 歯医者
八王子市 歯医者
八王子 インプラント
八王子市 インプラント
八王子 ホワイトニング
八王子市 ホワイトニング
八王子 審美歯科
八王子市 審美歯科